今天是 : 2019 年 11 月 21 日 星期四 麻城 17 ~ 7℃ 한국어 日本語 English 中文

【亀峰山紅色ストーリー集】亀峰山の「呑日石刻」の由来

作者:亀峰山観光スポット 发布时间:2019-07-16 17:55 阅读量:57

赤い物語は赤い記憶を乗せ、赤い伝統が凝縮され、赤い遺伝子が流れる。赤い話を聞き、赤い文化を伝え、亀峰山が麻城の本土の赤い物語を語ってくれます。



亀峰山の「呑日石刻」の由来


亀首の近くの観音殿のそばの石壁に、一メートル四方の石刻が目を引く。石刻は隷書で、上の三分の一の面積は「呑日」という大きな字が刻んでいます。下の三分の二のところには絞石の缘由と時間が刻まれています。麻城県長鐘韶全幅の石刻は端正で重々しく、優雅で優美に見えます。さすがに亀峰勝景の点眼眼の筆です。


微信图片_20190716173919.jpg


石刻が一番味わい深いのは「呑日」です。この二文字は一語一語で、亀峰山の古い伝説と石を彫る時の国難が頭をもたげ、万民が奮起して日本侵略者に反抗する決意を芸術的に結び付けて、非常に感動しました。この石刻を見ると,その人のことを話す必要がある。


時間は楚南という。1902年に麻城県木子店丁家襞に生まれました。1932年に黄埔軍校高等教育班を卒業し、1936年に麻城国民自衛隊隊長を務め、1938年冬に麻城県長に就任した。


微信图片_20190716173925.jpg

△ 解放前の麻城北門城楼


鐘韶が麻城県長に就任したのは、中国共産党の地下組織が紹介したものです。1938年10月に武漢が陥落した後、第五戦区司令長官の李宗仁の部隊171師が木子店に進駐しました。敵後の情勢に適応するために、大別山区は中原遊撃区として、鄂東地区は安徽省の管轄に帰属します。この時、抗日戦争のさなかにあって、安徽省の主席を務めたのは広西将軍の廖磊(後に蒋介石から重用共産党を叱責され、脳溢血で死んだ)です。彼は国共協力を必要とし、共産党によって大衆を動員し、中原遊撃区を強固にする。11月初め、廖磊は自ら木子屋に行って会議を開き、鄂東各県知事を変えた。麻城の前の県長余澄(余良駒)は陳誠が湖北省の主席に就任した時に任命されたもので、彼は鄂東の「討伐共」の首領である夏斗寅の団副で、国共に協力して団結して抗戦したことがあります。そこで廖磊将軍は171師の政治部が推薦した鍾韶を県長に任命しました。


鐘韶が麻城県長に就任したのは、中国共産党の地下組織が紹介したものです。1938年10月に武漢が陥落した後、第五戦区司令長官の李宗仁の部隊171師が木子店に進駐しました。敵後の情勢に適応するために、大別山区は中原遊撃区として、鄂東地区は安徽省の管轄に帰属します。この時、抗日戦争のさなかにあって、安徽省の主席を務めたのは広西将軍の廖磊(後に蒋介石から重用共産党を叱責され、脳溢血で死んだ)です。彼は国共協力を必要とし、共産党によって大衆を動員し、中原遊撃区を強固にする。11月初め、廖磊は自ら木子屋に行って会議を開き、鄂東各県知事を変えた。麻城の前の県長余澄(余良駒)は陳誠が湖北省の主席に就任した時に任命されたもので、彼は鄂東の「討伐共」の首領である夏斗寅の団副で、国共に協力して団結して抗戦したことがあります。そこで廖磊将軍は171師の政治部が推薦した鍾韶を県長に任命しました。


微信图片_20190716173928.jpg


今、観光客は「日本石刻を飲み込む」と見て、この二文字の境地は岳武穆の「満江紅」に匹敵すると感嘆しています。国を愛するコンプレックスは,天が高くそびえると鏡に映ることができる!


评论内容